人間に存在する生まれ持った生の本能は性愛の欲そのもの

サディストとマゾヒストが性愛に満足感を得る仕組みを精神分析

この両者を合わせてC・シュレンク・ノツィングというドイツの学者は、アルゴラグニー(苦痛嗜愛)という言葉を使用(一八九二)している。もちろん、性対象に苦痛を与えることで性的満足を得る純粋なサディスト、あるいは逆に苦痛を与えられることで満足を得る純粋なマゾヒストもいないわけではない。しかし、多くの場合は、一方的なものではなく、サディストであると同時にマゾヒストでもある、サディズム・マゾヒズムという形を取る。サディストとして振る舞いながら、マゾヒズム的な幻想を持ち続けるというような場合もある。

マゾヒストという言葉は、ドイツの作家マゾッホの作品のなかにマゾヒズムの状態がしばしば登場することから、やはりクラフト・エービングによって命名されたものである。このサディズム、マゾヒズムを精神分析的な考え方から説明すると次のようになる。フロイトによると、人間には「リビドー」という生まれ持った生の本能がある。この「生きる本能」であるリビドーに対立する概念として「死の本能」がある。

これはその後、フロイトに師事したフェダーンによって「モルティドー」と名づけられた。一般に生の本能は「エロス」、死の本能は「タナトス」と呼ばれるが、フロイトはこれらの言葉をその著作には用いずに、「エロス」に代わるものとして性欲を基調とした「リビドー」を使っているわけである。人間に生の本能が存在するのは、種族維持の本能として当然のことだが、死の本能というものはなぜ存在するのだろうか。生の本能が、人間が生きるためのエネルギー保存の法則に相当するものであるとすれば、死の本能のほうは、「エントロピー増大の法則」に相当すると言えよう。
この間秋保温泉に浸かりに仙台へ旅行へ行きました。温泉に癒やされたあとは、やっぱり利用したくなるのが仙台 デリヘル。綺麗な旅館で素敵な女性と一緒に過ごしました。
また来週にでも女の子と楽しく過ごしたいと思っています。それは大分 子持ちデリヘルです。家に呼んで楽しんじゃおうと思ってます。これぐらいしか楽しみがないので、本当に今から楽しみです。
今現在、数え切れないほどの風俗や性感サービス 池袋の仕事があります。専門の求人誌もあるようですが、常に沢山の求人広告が出ています。就職難とは言っても、この世界にはそのような悩みはないようです。


What's New
2014/12/24 注目記事を更新しました。
2014/12/20 新着記事を更新しました。
2014/12/19 典型的なサディストを更新しました。
2014/12/16 二つのテーマを更新しました。
2014/12/14 マゾヒズムの場合を更新しました。
2014/12/12 宇宙と交わりたいを更新しました。
2014/12/11 サディストとマゾヒストが性愛に満足感を得る仕組みを精神分析を更新しました。
2014/12/08 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
AAA風俗チャンネルまいど風俗ネット大阪風俗情報
風俗嬢動画、割引チケットなどを掲載している風俗情報ポータルサイト大阪を中心とした関西での風俗店情報を配信すると共にみんなで風俗を楽しもうぜ!大阪風俗情報を地域別にご紹介します。