人間に存在する生まれ持った生の本能は性愛の欲そのもの

サディストとマゾヒストが性愛に満足感を得る仕組みを精神分析

この両者を合わせてC・シュレンク・ノツィングというドイツの学者は、アルゴラグニー(苦痛嗜愛)という言葉を使用(一八九二)している。もちろん、性対象に苦痛を与えることで性的満足を得る純粋なサディスト、あるいは逆に苦痛を与えられることで満足を得る純粋なマゾヒストもいないわけではない。しかし、多くの場合は、一方的なものではなく、サディストであると同時にマゾヒストでもある、サディズム・マゾヒズムという形を取る。サディストとして振る舞いながら、マゾヒズム的な幻想を持ち続けるというような場合もある。

マゾヒストという言葉は、ドイツの作家マゾッホの作品のなかにマゾヒズムの状態がしばしば登場することから、やはりクラフト・エービングによって命名されたものである。このサディズム、マゾヒズムを精神分析的な考え方から説明すると次のようになる。フロイトによると、人間には「リビドー」という生まれ持った生の本能がある。この「生きる本能」であるリビドーに対立する概念として「死の本能」がある。

これはその後、フロイトに師事したフェダーンによって「モルティドー」と名づけられた。一般に生の本能は「エロス」、死の本能は「タナトス」と呼ばれるが、フロイトはこれらの言葉をその著作には用いずに、「エロス」に代わるものとして性欲を基調とした「リビドー」を使っているわけである。人間に生の本能が存在するのは、種族維持の本能として当然のことだが、死の本能というものはなぜ存在するのだろうか。生の本能が、人間が生きるためのエネルギー保存の法則に相当するものであるとすれば、死の本能のほうは、「エントロピー増大の法則」に相当すると言えよう。
彼氏と同棲するために関西に引越してきて、今は大阪 デリヘルで働いています。やっぱり関西の人は面白いのでお客さんと話している時間が好きですね。
今まで普通のアルバイトで安い時給制で働いてきましたが吉祥寺 風俗求人では一件の仕事に対して給料がたくさん貰えるので、頑張っていろんな男性に気に入られるように努力しています。
僕は女の子のお尻が好きなので、日本橋 風俗に行ったら必ず四つんばいになってもらってお尻を楽しみます。お尻全体をなで、舌でなめ、口で吸います。だんだんとアソコに近付き、いじり回します。
自分が一番リラックスできる空間で楽しむことができるのが「栃木 デリヘル」のメリットです。サービスを提供してくれるところは沢山あるので、料金やサービスを比較し、自分好みの女の子を探して指名することができます。
最近はハードなプレイをしてくれるところよりも、京都 回春エステのようなソフトサービスの店にハマっています。こういう店のほうが圧倒的に女の子の質も高いです。
この間秋保温泉に浸かりに仙台へ旅行へ行きました。温泉に癒やされたあとは、やっぱり利用したくなるのが仙台 デリヘル。綺麗な旅館で素敵な女性と一緒に過ごしました。
ナイトワークの総合求人サイト梅田 風俗 求人でみつけたソープのドライバーをしています。仕事の内容は、仕事後の女の子を自宅まで送り届けるというものです。


さらに意識的なサディストの例としては、次のような事件がある。彼はある高名な芸術家の弟である。上京して暴力団へ入り、女のヒモのような生活をしていた。妻のような女性に寄食していたわけで、覚醒剤の乱用者でもあった。彼にはその女性とは別に情婦がいて、その情婦とはサディストとマゾヒストの関係にあった。

情婦の体のあちこちに針を刺し、傷をつけてはその血をすするというような行為におぼれていた。事件のあった日は、覚醒剤を用いながらそんなセックスプレイをしたのち自宅へ戻り、炬燵にあたりながら妻と一緒にテレビを観ていた。そうしているうちに覚醒剤の作用もあって非常に不気味な感じに襲われ、自分の妻が本当に自分の妻なのかどうかわからなくなってきた。

What's New
2013/09/29 注目記事を更新しました。
2013/09/25 新着記事を更新しました。
2013/09/24 典型的なサディストを更新しました。
2013/09/21 二つのテーマを更新しました。
2013/09/19 マゾヒズムの場合を更新しました。
2013/09/17 宇宙と交わりたいを更新しました。
2013/09/16 サディストとマゾヒストが性愛に満足感を得る仕組みを精神分析を更新しました。
2013/09/13 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
AAA風俗チャンネルまいど風俗ネット大阪風俗情報
風俗嬢動画、割引チケットなどを掲載している風俗情報ポータルサイト大阪を中心とした関西での風俗店情報を配信すると共にみんなで風俗を楽しもうぜ!大阪風俗情報を地域別にご紹介します。